仕事辞めたい

ブラックな会社は今すぐ辞めた方がいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラック企業の存在は、テレビやインターネットで採り上げられるようになってから、今までにない程だいぶ認知されていると感じています。

 

 

 

 

私がブラック企業を辞めた理由は、人間関係。クラッシャー上司の存在や、人の意欲や希望を吸い取る人に出会ってしまったことが原因です。

 

 

 

 

人間関係の難しさは、人と人が関わる以上は少なからずありますが、他人の許容しがたい振る舞いや職場環境を目の当たりにすれば、誰でも会社を辞めたり転職したいと思うでしょう。

 

 

 

 

私の場合は、冗談で嫌がらせをする同僚との人間関係。クラッシャー上司からの執拗な攻撃などに疲れたことが、会社を辞めるか判断のポイントとなりました。
前者の問題は、この同僚と出会った時から既に始まっていて、最初は嫌がらせだと気がつきませんでしたが、やがて私を狙ってやっているのだと分かりました。
暫くは我慢していたものの、他の同僚に相談することも難しく、孤独感が日増しに強くなっていたので、勇気を出して上司に相談しました。

 

 

 

しかし、その相談相手ともまた結局の所は問題のある人間関係。クラッシャー上司と判明してからは絶望的な気分になったことを覚えています。

 

 

 

この上司は、機嫌が良い時は親しみやすい雰囲気ですが、さっき笑っていたと思っていたら、急に怒り出したり部下を責めるのが難点でした。
加えて、指示された通りの仕事をしても言った内容と違うと怒鳴られたり、溜まっている仕事が終わるまで帰るなと、半強制的に残業させられることもありました。
後で分かりましたが、こういった特徴を持つ上司はクラッシャー上司と呼ばれるそうで、上手く言い当てた表現だと妙に納得しました。

 

 

 

 

同僚との間で板挟みの人間関係。クラッシャー上司は他に、小さなミスを延々と責め立てたり、自分のミスを他人に転嫁するなども見られました。

 

 

 

ブラック企業に身を置いて学んだのは、身の回りには必ず会社を辞めるか判断のポイントが存在していて、必要となれば前向きに転職を考えた方が良いということです。
私に役立った会社を辞めるか判断のポイントは、同僚に相談相手がいるか否か、上司が親身になって相談に乗ってくれるかの二点です。

 

 

 

 

 

このような職場環境だったので、前者は早期の段階で諦めの気持ちがありましたし、相談相手は社外に求めた方が建設的だとも思いました。
結果としてホワイト企業の見つけ方になったのは、後者からも常々考えていた転職エージェント相談で、相談を始めてようやく客観的かつ冷静な判断ができるようになりました。
転職エージェント相談とは、文字通り転職に詳しい専門家に相談することで、自分に合った理想的な職場探しが行える方法です。

 

 

 

 

まだ転職を本格的に考えていなかった頃は、自力で情報を集めたり分析をして、どのような企業がホワイトなのか勉強していました。
ただ、私はブラック企業にしか身を置いたことがなかったので、ホワイト企業といわれてもピン来ない感じで、今一具体的なイメージが描けていませんでした。
転職エージェント相談では、勤め先がブラック企業の典型で、このまま無理をすると精神的に疲弊したり、病気を発症する人もいるとアドバイスしてくれました。

 

 

 

私も同感でしたし、思っていたことは間違っていなかったのだと納得できたので、このエージェントとの本格的な転職先探しはその時に決断しています。
キャリアはある程度積み重ねていたので、それまでの経験を武器に、転職エージェント相談で幾つかの企業をリストアップしてもらいました。
私の担当エージェントは優秀な人のようで、リストアップされた企業はどれも高待遇で魅力的なものばかりでした。

 

 

 

リストを見て抱いた本音は、正直このような企業が実在するのか、それに私が転職することは可能なのかといった所です。
これも後で分かりましたが、その思考回路自体がブラック企業に毒されていて、身を滅ぼしかねない危険な心理だと理解しました。
転職候補の面接を受ける前に、インターネットで企業の評判に目を通しましたが、勤めていた元社員の評価も良く、働きやすい職場だと書かれていたのが印象的でした。
実際に面接を受けてみると、面接官の口調や表情は穏やかで、感情的ではなく理知的なやり取りが行えると感動しました。

 

 

 

ブラック企業の人間関係。クラッシャー上司は発言が何時も一方的で、会話のキャッチボールができたと感じたことは一度もなかったといえます。
地獄のようなブラック企業に対して、天国と表現されるホワイト企業ですが、本当はホワイトこそが普通の企業、特別でも何でもない姿だと考えます。

 

 

 

 

地獄で苦しんでいた私は、やっと普通の企業に巡り合うことができて、理知的な会話が行える人が勤める、そういった企業の転職のチャンスを得たのだと痛感しました。
面接を終えた企業からの返答は採用で、ブラック企業を辞められるという安心感と、ホワイト企業に勤められる希望で胸が一杯になりました。
結局の所、会社を辞めるか判断のポイントは人間関係。同僚やクラッシャー上司などを見て、毒された人ばかりのブラック企業だと思ったら早めに転職エージェントに相談する、これが私にとって大正解でした。"

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







転職をする理由はキャリアアップ・高収入・人間関係や待遇など様々ですが・・


次に就職する会社は今よりいい会社であってほしい・失敗しないために


転職サイト・エージェントを活用することをおすすめします。


1人で転職活動をするより後ろ盾があった方が心強い


面接や職務経歴書の対策相談ができる転職エージェント





転職サイトランキング













リクナビネクスト





リクルートグループが運営する『 国内No,1 』の転職サイト



転職求人案件が豊富でまずはどんな求人があるのか調査するのにおすすめ


余裕があれば職務経歴などを登録しておくと企業からオファーがくる場合あり



スカウト機能を利用してご自身の市場価値を調べるのにも使えます。



オファー内容に年俸などが記載されており、今の年収と比較して高ければ



転職するのも一つの手段ではないでしょうか。



またご自身の強みを発見するためのグッドポイント診断など転職活動に使える



お役立ちツールが無料で使えます。




うまく利用してみてはいかがでしょうか。





リクナビネクスト 詳細はこちら





https://next.rikunabi.com/






リクルートエージェント




転職実績No.1の人材紹介会社


初めての転職・転職に失敗した気がするなど不安な方へおすすめ


また今の会社に残るべきか・転職すべきか悩んでいる場合


カウンセリングを受けることをおすすめします。


キャリアアドバイザーが客観的なアドバイスをしてくれます。


非公開求人も豊富で一般的な転職サイトでは見ることができない案件の紹介


面接・職務経歴書対策など様々なサポートが充実




リクルートエージェント 詳細はこちら




https://www.r-agent.com/





パソナキャリア




パソナグループの人材紹介サービス。「正しい転職」を実現するために



各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティング



求職者の方の強みや希望を考慮し、業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から



キャリアプランを実現するための求人を提案



履歴書・職務経歴書などの書類の書き方、企業毎の面接のアドバイスなどサポート体制も充実。




パソナキャリア 詳細はこちら




http://www.pasonacareer.jp/





DODA





業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが求職者のキャリア・


お持ちのスキルを総合的に判断


現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理


「できること」と「やりたいこと」が合致する理想のキャリアを目指し


現実の企業と求人とを照らし合わせながら選択肢を探るので


自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うこともあります。


書類選考で損をしないように・・


人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くためのアドバイス


面接に不安を感じる方のために


模擬面接・終了後のフィードバックもあります。




DODA 詳細はこちら




https://doda.jp/